ご案内

三木表悦
京塗師・表派の一門。
京都で代々塗りの仕事をすると共に、漆芸家として創作活動に取り組む。
1936 漆芸家三木表悦の長男として京都に生まれる
1960 京都市立美術大学工芸科(現在京都市立芸術大学)卒業
続いて(同大学院)専攻修了
1962 父表悦の膝下で技術研賛に励む
日本伝統工芸展 京都府工芸展 京都市美術展 京都市クラフト展に入選・入賞
1968 船舶内装としての漆画および蒔絵の制作にかかわり現代に至る
1969 とうきょう丸(琉球海運)エントランスホールうるし装飾壁製作
1973 新さくら丸(JIEF)エントランスホール 図書室漆画および装飾壁製作
1974 地質調査船白嶺丸(通産省金属事業団)会議室およびサロン漆画制作
さんふらわあII(日本高速フェリー)特別室うるしパネル制作
1975 えめらるどおきなわ(琉球海運)特別一等室うるし装飾壁製作
1977 京都銀行協会 卓子蒔絵制作
1978 伊勢神宮神楽殿 飾棚および調度類の漆塗並びに漆絵制作
1980 伏見稲荷大社宮司室 飾棚漆絵制作
深海調査船しんかい母船「なつしま」(海洋技術センター)サロン漆画制作
1982 大阪丸(大阪商船三井船舶)サロン漆画制作
1983 越後丸(日本郵船)サロン漆画制作
ひよどり(海上自衛隊)会議室漆画制作
1990 三代表悦襲名記念展 高島屋美術部大阪店に開催
初代表悦
1887生。(明治10年)
聖徳太子奉賛展出品。
パリ万国博覧会大賞、大典記念京都市美術展審査委員。
二代表悦
1910生。(明治43年)
パリ万国博覧会受賞、伝統工芸展入賞、個展数回、京都府文化功労賞。
啓樂(けいご)
1971生。(昭和46年)
当代表悦長男。
日本伝統工芸展、伝統工芸近畿支部展、煎茶工芸展に入選・入賞。
現在、煎茶工芸協会正会員、日本工芸会準会員。
表悦工房のデザイン及び製作にあたる。

[ 運営ホームページ - Just A japan ]